MABO《゚Д゚》

♪この楽しさを伝えたい。

Memorandum

俺の50mmたち

古いニッコールレンズ50mmをメインで使うようになってから

たま~に使うほかの50mmたちの眠い写りに(。´・ω・)ん?と

なっていたので改めて覚書用に試してみる。

左から

●戦中L39沈胴式イエナゾナー50mmf2たぶん1940年代

(山崎光学さんにて整備済み)

●ズマリット50mmf1.4たぶん1950年代

(自分で分解して綺麗にしたった!)

ニコンSP用だと思われる50mmf1.4たぶん1950年代

(もともと素性がよいのでクリアーなレンズ)

●天下のズミクロン50mmf2たぶん1960年代

(前玉に少しキズ、内面はごくわずかに薄曇り)

ニッコールは超深型フード採用してます。

 

 

汚い事務室から f2 で最短1mで試射。

 

LEICA TYPE240 jena sonnar 50mm f2

LEICA TYPE240 summarit 50mm f1.4(f2)

LEICA TYPE240 NIKKOR-S f1.4 50mm (f2)

LEICA TYPE240 SUMMICRON 2nd 50mmf2

キャプチャー拡大。

LEICA TYPE240 jena sonnar 50mm f2

LEICA TYPE240 summarit 50mm f1.4

LEICA TYPE240 NIKKOR-S f1.4 50mm

LEICA TYPE240 SUMMICRON 2nd 50mmf2

思ったとおりだった。w

この眠い写りをどうとらえるか、雰囲気として受け入れるかが

古典レンズをデジタルライカで遊ぶ楽しさなのかもしれない。

 

しかし、ニッコール恐るべし。。。

 

あくまでも解放に近い写りを無理に比べただけですので

本当の実力ではないですが、自分に対する覚書として

記しておきました。

 

もちろん写りはズミクロンが一番です。

ゾナー型の弱点は背後のボケがうるさいことであるので

本当に万能なのはやはりズミクロンですね。

(;´・ω・)もうすこし短い鏡胴だったら常用するんだけどねぇ~

Cooking

LEICA MONOCHROME SUMMILUX 2nd 35mmf1.4

 

素敵な被写体を発見した時、さてどう料理してやろうか!

脳内で調理すること4秒。サッと怪しまれないようにスナップする。

 

これが楽しいのだ。ライカで切り取る作業が楽しい。

なんでそんなの撮ってるん?

そう思う人には思わせておけばいい、すべては自己満足の世界。

人生は暇つぶしだ。

 

LEICA TYPE240 NIKKOR-S f1.4 50mm

さすがにこれほどまでの表紙のようなグラビアアイドル被写体となると

全体で撮ればよかったな、と、ちと後悔。(*´з`)

Pre HOLIC

HOLICだがメチャ刺さるお姿。

日曜日ドン曇りだけど雨降らない予報を確認し試射へ。

LEICA TYPE240 CONTAX SONNAR50mm f2

レンズ薄曇り、前玉に擦り傷のあるヤクザレンズだが

さすがゾナーコントラストは高めでカラーの色乗りもよい

光さえ制御できれば何とかって感じ。

でも自分の作風撮りってのには向かないかなと。

レンズを山崎磨きに出すのもありだと思うけど。

LEICA TYPE240 CONTAX SONNAR50mm f2

もちろんヴィンテージレンズであることを考えれば十分良く

写るレンズだ。ツアイス帝国を支えた名レンズだけある。

そしてとにかく、とにかく!レンズを付けているカメラの

お姿がカッコイイ!。w

LEICA TYPE240 CONTAX SONNAR50mm f2

大学卒業してから30年ぶりぐらいに代々木八幡宮神社さまへ。

ここが代々木の山のような形態だったとは知りませんでした。

 

学生時代お祭り時に神輿担ぎ手として一度神様を担がせて

いただきましてその御礼も込めて参拝させていただきました。

Post Snap

LEICA MONOCHROME SUMMILUX 2nd 35mmf1.4

ひとんちのポスト。

写真やってない人から見たら???こんな感じ。w

ちょうどいい具合の光と影、それ追ってるんだけどねぇ。。。