MABO《゚Д゚》

カメラの全てはライカが教えてくれた。。。。

Memorandum

俺の50mmたち

古いニッコールレンズ50mmをメインで使うようになってから

たま~に使うほかの50mmたちの眠い写りに(。´・ω・)ん?と

なっていたので改めて覚書用に試してみる。

左から

●戦中L39沈胴式イエナゾナー50mmf2たぶん1940年代

(山崎光学さんにて整備済み)

●ズマリット50mmf1.4たぶん1950年代

(自分で分解して綺麗にしたった!)

ニコンSP用だと思われる50mmf1.4たぶん1950年代

(もともと素性がよいのでクリアーなレンズ)

●天下のズミクロン50mmf2たぶん1960年代

(前玉に少しキズ、内面はごくわずかに薄曇り)

ニッコールは超深型フード採用してます。

 

 

汚い事務室から f2 で最短1mで試射。

 

LEICA TYPE240 jena sonnar 50mm f2

LEICA TYPE240 summarit 50mm f1.4(f2)

LEICA TYPE240 NIKKOR-S f1.4 50mm (f2)

LEICA TYPE240 SUMMICRON 2nd 50mmf2

キャプチャー拡大。

LEICA TYPE240 jena sonnar 50mm f2

LEICA TYPE240 summarit 50mm f1.4

LEICA TYPE240 NIKKOR-S f1.4 50mm

LEICA TYPE240 SUMMICRON 2nd 50mmf2

思ったとおりだった。w

この眠い写りをどうとらえるか、雰囲気として受け入れるかが

古典レンズをデジタルライカで遊ぶ楽しさなのかもしれない。

 

しかし、ニッコール恐るべし。。。

 

あくまでも解放に近い写りを無理に比べただけですので

本当の実力ではないですが、自分に対する覚書として

記しておきました。

 

もちろん写りはズミクロンが一番です。

ゾナー型の弱点は背後のボケがうるさいことであるので

本当に万能なのはやはりズミクロンですね。

(;´・ω・)もうすこし短い鏡胴だったら常用するんだけどねぇ~